カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

京都きよ泉の宇治茶、抹茶スイーツのお取り寄せ。茶鑑別技術士と日本茶インストラクターが厳選する宇治茶と抹茶スイーツ、ほうじ茶スイーツ。人気の抹茶ケーキ、抹茶チョコレート、ほうじ茶チョコレート等をお土産に好適。

熱湯玉露(嵐山)100g

被覆栽培した宇治田原産の熱湯宇治玉露です。宇治玉露特有の自然なまろやかさとさわやかな甘みが自慢です。温度は60度〜70度ぐらいで少し冷ましたお湯を使って下さい。熱湯で出し熱湯玉露としてもお楽しみいただけます。淹れ方にコツが必要です。ぜひチャレンジして本格宇治玉露の味と香りをお楽しみください。
【内容量】100g1本
【賞味期限】6か月
【産地】京都府産

熱湯玉露(嵐山)100g

価格:

1,080円 (税込)

[ポイント還元 10ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

【内容量】100g1本
【原材料】緑茶
【賞味期限】6か月
【産地】京都府産
【無添加、無着色】

特徴
 ★香り  爽やかな香り
 ★味   覆い下の匂いとまったりとした甘みがある
 ★水色  すっきりとして薄みどり色

購入後、お口に合わなかった場合は、他の茶葉に交換することも可能です。
お茶の美味しい入れ方等はメール、電話でお問い合わせくだされば、より美味しく出すコツを伝授します。
ご安心して、お買い求め下さい。




お茶とおもてなしの心

開封のお茶は常温で保存していただいても問題はありません。

かえって冷蔵庫などでの保管は、におい等の移り香の原因になりますので、気をつけましょう。

ただし、夏場の高温は茶葉をいためます。夏はすずしい所に保管しましょう。

開封されましたら、なるべくお早めにお飲みいただくのが一番です。

開封後は特に湿度に気をつけ、茶缶等に移して保管してください。

お茶の水は基本的には軟水が良いとされています。ミネラルウォーター等をご使用の場合は、表示に注意してお買い求め下さい。

水は井戸水が最適ですが、カルキ臭の強い水道水は、くみおいて上澄みを使うか、5分以上沸騰させれば臭気が取れます。

茶葉は多めに使用し、最後の一滴まで注ぎ切れば、2煎、3煎まで香味が残ります。

お茶の淹れ方標準表

玉露の淹れ方

熱湯玉露は新芽が伸び始める頃によしず等で覆い、直射日光が当たらないように育てる覆下茶園と呼ばれる独特な栽培法で育てます。このような方法で栽培した茶葉は、覆い香と呼ばれる芳酵な香りと、とろりとした濃厚な甘み、うまみが味わえます。

●玉露用茶器(急須・湯飲み)はやや小さいものを使用して下さい。
茶碗や急須はあらかじめお湯を注いで温めておきましょう。3人分で茶の量は約10g程度(大さじ2杯)。湯の量は90cc。湯ざましにお湯を入れて60〜70度になるまで少し冷まして下さい。手のひらにあてて、やや熱い程度の温かさがめやすです。急須に入れ1〜1.5分待ってください。

●茶葉が水分を吸って膨らんできたら湯呑みに静かに注ぐ。注ぐときは急須に残らないように、必ず最後の一滴までしぼるように注ぎきって下さい。
二煎目は一煎日の半分の時間で湯呑みに注ぐ。玉露の生命は上品な甘みと香りです。高温で出さないのは、渋み成分(タンニン)が高温で溶け出すためです。
温度を下げることはつまりタンニンを出さず、玉露の甘み成分(テアニン等)を出しやすくするためです。出来るだけ甘みを出すように工夫しましょう。

【玉露の茶畑】玉露の茶畑は黒い覆いを被せて栽培されています。これは甘味を引き出すために行われています。


ページトップへ